音楽を愛する皆様のパートナーとして

TEL:03-6277-7875
営業時間:10:00-17:00

音楽を愛する皆様のパートナーとして

音楽を愛する皆様のパートナーとして

音楽と人

 
当会は音楽を通じて「希望」 「幸福」 「感動」 「生きがい」を共有するパートナーで  ありたいと願っております。
脳科学者の茂木健一郎氏は、ご自身の著書の中で音楽の果たす役割、体験について、次のようにいわれております。
脳科学の世界では、音楽を聴いて喜びを感じる時の回路が、生物として非常に基本的な回路であるという事がわかっています。それは食べたり飲んだりした時に感じる本能的な喜びの回路と共通だということです。
人間は、生きていく上で様々な事態に出会う。時には困難と向き合わなければならい。
銀のスプーンを加えて生まれたとしても、どんなに風光明媚な場所で暮らしていたとしても、難事の連続であるという人生の本質、この世で生きることの辛苦から逃れる事はできない。だが、絶対的な座標軸、たとえば「喜びや美の基準」といったものさしが自分の中にあれば、日々の難事や苦しみはずいぶんとやわらぐものである。あくまでも「自分のものさし」が強みであるから、世評や人気といったような、他人を介在するものさしではない。
だから「美しい」「嬉しい」「悲しい」「楽しい」…。一瞬一瞬に身体と心で体感することによって、人は、自己の価値基準を生み出し、自分のものにできるのである。
自己の体感から生まれた軸なので、揺らぐことなく自分を内面から支えてくれる。それが「生きる」という事である。だからこそ本当の感動を知っている人は強い。生きていく上で、迷わない。揺るがない。折れない。くじけない。
この世はままならぬことばかり、自分の理想とはかけ離れた現実も座標軸があれば、「周りがどうあろうと、自分の中から光を発し続けていればいいのだ」とぶれない事が大事。
体感できる音楽は自己の座標軸になり得る。
戦後国民が一致団結して日本も平和で豊かな生活を手にしてきました。現代はみな心に余裕が出て、起きてもしてない不安や心配事で無駄な考えを巡らせ心や体を蝕んでいます。地球規模での難事を解決できる正しい道を選択したい。前向きな言葉は心も身体も軽くする。
前向きな言霊を音楽にのせツールとして、潜在意識、深層心理に影響を与え、行動習性にも変化させて、皆様と幸せの道に近づきたいと思っております。
  海ピアノ.jpg

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る